田中 玲美

2013年4月入社
同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科 卒

日本テレビ 『NEWS ZERO』 アシスタントディレクター

今は どんな仕事をしているの?

日本テレビの「NEWS ZERO」という報道番組で、ADとして働いています。
毎日「取材・編集・OA」があるので、バタバタと動き回ります。
事件があれば現場に行って聞き取りに出たり、
街頭インタビューをしに街に繰り出したり、
大雨が降ればリポートするため雨に打たれにも行きます!
記者やディレクターが取材に行った素材のコメント起こしや、
取材先・専門家などのリサーチ・仕込み、過去素材・資料映像の準備など…
OAに向けてチーム一丸となって追い込みます。

 

仕事をしていて感じることは何ですか?

”全国の人に伝える”という責任感を感じます。
間違っていることを伝えてはいけない。
正しいことを伝えなければならない、という責任です。
これは視聴者に対して優しいか、必要なのか、どうすれば伝わるのか。
ということを考えながら、仕事に取り組んでいます。

 

この仕事の面白いところは?

自分の取材でとれた証言や映像がOAされたり、
ディレクターが「こんな事したい」「こんな情報がほしい」という要望に答えられた時や、
「こんな情報・素材があります。関連して紹介できるのでは」などと提案して採用された時など、
放送に結びつくことができた時の達成感が面白みです。

 

この仕事に必要なものは?

まず体力、そして瞬発力、知ろう・学ぼうとする力、粘り精神といったところでしょうか。

何より体力が一番!

著名人の言葉を借りますが…元気があれば本当になんでもできちゃいます。
ヤル気と根性ももちろん大切ですが、体力がないと放送まで耐えられません。
中途半端な情報を視聴者に届けられないので、日々勉強してとことん知るということも重要です。
そしてどこまで粘れるか、ということも勝負になってきます。
どうすれば面白いか、わかりやすいか、視聴者に優しいか・・・
考え尽くすことが”粘り”です。どこまで貪欲に粘れるか、この精神が必要だと思います。

 

田中2-1-300x225 田中 玲美

 

休日の過ごし方は?

友達の家に行って料理作ったり、鎌倉行って陶芸したり、下北沢いって雑貨屋巡りしたり、
西新井大師に行って厄払いしたり、近所の映画館にぷら〜っと行って映画見たり…
大好きなコーヒー飲みながら録画してた番組を鑑賞するのも至福の時間です!

 

将来の夢は?

自分の代表作を残すことです。
「あのVTR面白かったな〜!」って言ってもらえる、記憶に残るVTRを作りたいです。

就職活動中の学生に一言
諦めも肝心。でももっと大事なのは、
自分がやりたいと思ったことに正直に真っ直ぐに立ち向かうことだと思います。
就職はゴールじゃないです。
何からでもいい、自分のやりたいことの第一歩を見つける、という感覚で粘り続けてほしいです。




その他のスタッフの声を見る

  • 細川 真琴

  • 井上 明友美

  • 田中 玲美

  • 東浦克幸

Page top

Going